相続人関係図

相続人関係図とは

相続人関係図とは亡くなった方(被相続人)の相続人が誰なのかを図式化したものです。
相続人関係図は相続人と被相続人の関係性が目に見える形でわかりやすくなるため相続に必要な戸籍の収集が効率的になります。
金融機関などでの相続手続きにも利用でき、遺言書の検認を受ける際にも円滑になるため、作成することをおすすめします。

相続人関係図作成のポイント

相続人関係図の形式は特に決まっておりませんが、相続手続きや申告などで利用するため、以下のようなポイントをおさえることが必要です。

作成時のポイント

① 誰が見ても一目でわかる

⇒相続人関係図は被相続人-相続人の関係性を目に見える形で図式化することに意味があります。ですから明瞭かつ誰にでもわかるものを作る必要があります。

② 登記された住所・氏名が一致

⇒登記されている住所が該当する相続人と一致しているか、相続人の氏名(漢字の表記など)が間違っていないかを確認します。

③ 戸籍・相続証明書等相続証明書類との関連性がある

⇒関係図は戸籍・相続証明書等相続証明書類を基に作成する必要がありますので、これら証明書類との関連は非常に大切です。住所や氏名の表記などがあっているか確認しましょう。

 

相続・贈与TOTAL相談センターでは相続人関係図の作成サポートも承っております。
お気軽にご相談ください。

ご相談は無料 お電話で予約下さい 0120-488-640

相続に関するお役立ち情報

「相続手続き&相続対策小冊子」を進呈いたします

新着情報