名義変更

名義変更の重要性

遺産分割協議にて相続財産をどう分配するかが決まった後は、
それぞれの相続財産の名義を各相続人へ変更していく手続きが必要になってきます。

名義変更に期限は設けられていませんが、名義が被相続人のままであると、相続した財産を売却したり譲渡するなどの処分をすることが出来ません

また、他の相続人より「まだ名義が変わっていないから、この財産は再検討したい」などと言われたら、トラブルの原因になることもあり得ます。

ですので、遺産分割協議が終わりましたら、遺産分割協議書に従って早めに名義を変更することをおすすめします。

財産の種類によって名義変更の手続きが異なってきます。

ここでは主な相続財産となる
不動産預貯金株式をピックアップして解説していきます。

>>不動産の名義変更を知りたい方はこちら

>>貯金の名義変更を知りたい方はこちら

>>株式の名義変更を知りたい方はこちら


ご相談は無料 お電話で予約下さい 0120-488-640

相続に関するお役立ち情報

「相続手続き&相続対策小冊子」を進呈いたします

新着情報