相続財産はどれ

何が相続財産にあてはまるのか?

相続財産のチェック

相続人を確認した後、行わなければならないのが相続財産の確認です。
まずは被相続人の遺産をチェックします。

銀行の預貯金、自動車、債権証書、有価証券など様々あるでしょう。また不動産や骨董品なども含まれますので、被相続人の方のご財産のありとあらゆるものをチェックしていただくことが必要です。

また、実は財産にも相続人にとってプラスになる財産、マイナスになる財産が存在します。
また相続財産に該当しないものもありますので、注意が必要です。

>>財産に関してより詳しく知りたい方はこちら

その他、財産に関する注意点

これらの財産を相続のために整理していくことは簡単ではありません。
財産の額が多ければ多いほど、整理が煩雑になってきてご苦労が多くなります。

そんな財産を整理していくときに活用するとよいのが、財産目録です。
財産目録とは相続財産を記入するための書類のことです。

>>財産目録をより詳しく知りたい方はこちら

ご相談は無料 お電話で予約下さい 0120-488-640

相続に関するお役立ち情報

「相続手続き&相続対策小冊子」を進呈いたします

新着情報