相続人は誰

相続の開始はまず、相続人を確定することからはじまります。
相続人とは、被相続人の財産を相続する権利・義務のある人であり、その範囲は民法で定められています。相続人が確定しないと、相続を行うことができません。

相続人を確定するには、戸籍収集をする必要があります。
戸籍収集と一言で言っても、1.戸籍謄本、2、除籍謄本、3.改製原戸籍謄本と3種類もの戸籍を集める必要があります。

>>戸籍収集に関する詳しい内容はコチラ

戸籍の収集が終わると、続いては相続人関係図を作成します。
相続人関係図とは、相続人と被相続人の関係性を表わした家系図のようなものです。
この相続人関係図を作成することで、相続人が誰なのかを明確にすることができます。

>>相続人関係図に関する詳しい内容はコチラ

そして基本的には、民法で定められた相続人が一定の割合で財産を相続します。
遺言が残されていた場合を除いては、基本的に法定相続分により相続します。

>>法定相続分による相続に関する詳しい内容はコチラ


ご相談は無料 お電話で予約下さい 0120-488-640

相続に関するお役立ち情報

「相続手続き&相続対策小冊子」を進呈いたします

新着情報