みなし財産にも相続税がかかります

みなし相続財産とは、本来は被相続人の財産ではないにもかかわらず、相続人の死亡を原因として、相続人のもとに入ってきた財産であることから、税法上相続財産と「みなされる」ものです。
死亡保険金や死亡退職金が該当し、被相続人が生前に持っていなかった財産でありますが、相続税の計算上は、相続財産とみなされて相続税がかかります。

みなし財産の主なものは次の通りです。

死亡保険金
生命保険金、損害保険金など

死亡退職金
退職手当金、功労金など

その他
生命保険契約に関する権利、定期金に関する権利、その他遺言によって受けた経済的利益、低額譲渡により受けた利益など

ただし、死亡保険金や退職金には次のとおり非課税限度額があるので、全額が相続財産になるわけではありません。

500万円×法定相続人の数

これを超える金額は、相続税の対象となりますので対策が必要です。

何がみなし相続財産に該当するのか、判断に困るケースもあります
ぜひ、専門家に相談することをおすすめいたします。

ご相談は無料 お電話で予約下さい 0120-488-640

相続に関するお役立ち情報

「相続手続き&相続対策小冊子」を進呈いたします

新着情報