相続税の還付

01

相続税の還付とは、払い過ぎた相続税が戻ってくることです。

不動産の評価は、税理士によって大きく異なることがあります。
土地評価に精通していない税理士が不動産を評価した場合に、土地評価に対する経験が少ないために、本来なら評価額を低く抑えられたにも関わらず、高い評価額を算定してしまうことがあります。結果、多額の相続税額を払うこととなってしまっている、ということが少なくありません。

このような払いすぎた相続税は、「更正の請求」手続きをすることで、取り戻すことができるのです。

不動産評価額を過大に申告した場合などで相続税の還付をうけるためには、法定申告期限から5年以内に更正の請求の手続きをする必要があります。

以下にあてはまる方、相続税の還付を検討してみませんか?

  • 相続財産の中に評価額の高い土地があった
  • でも、土地の評価方法は説明してもらってない
  • 相続税の申告書が手書きだった
  • 相続税申告をやってもらった税理士が相続税専門ではない税理士だった

特に土地を多く保有している人ほど見直しをするメリットがあります。
気になる方は相続・贈与TOTAL相談センターに一度ご相談下さい。

ご相談は無料 お電話で予約下さい 0120-488-640

相続に関するお役立ち情報

「相続手続き&相続対策小冊子」を進呈いたします

新着情報