相続人になった! 申告・手続き

ご相続が発生すると、相続税申告の必要があるないにかかわらず、様々な手続きが必要になります。
大切な方が亡くなった後にすぐいろんな手続きをしようという気持ちにはなれないかもしれませんが、
円滑な相続を行う為にも早めの手続きを行いましょう。

ここでは、相続人の方が行う必要がある相続手続きについてご紹介させて頂きます。

相続手続き・相続税申告について

相続手続きは煩雑で、事務手続きから遺産の分配までやるべきことが多くあります
円滑には進まない場合もありますが、大切な方の大切な遺産だからこそ、手続きをしっかりと行う必要があります。
大まかなスケジュールは以下の通りですので、ご確認下さい。

ご相続が発生して直後

  • 死亡届の提出
  • 葬儀・法要の手配
  • 社会保険(健康保険や年金保険)の資格喪失届、年金受給停止手続き など 

3ヶ月以内

  • 被相続人の財産(債務も含む)の把握
  • 遺言書の有無の確認
  • (相続の放棄、 限定承認)※必要がある場合

4ヶ月以内

  • 被相続人の所得税申告、納付

10ヶ月以内

  • 遺産の評価
  • 遺産分割協議
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割手続⇒名義変更や換価処分等
  • 相続税の申告・納付

その他

  • 電気・ガス・水道・携帯電話など、クレジットカードの変更・解約
  • 相続による名義変更手続き(銀行口座や不動産、生命保険、固定電話加入権、自動車など)
  • 運転免許証などの返納
  • 保険金の請求手続き、高額療養費や死亡一時金の請求などの請求   など

 

以上、相続手続きについてご説明させていただきました。

税理士法人TOTALでは、これらの相続手続きを全てお任せいただけるプランもご用意しております。

詳しくはこちら:サポートプラン&費用

”相続手続きを自分でやってはみたけれど、思った以上に手間と時間がかかって、、、”

TOTALにいらっしゃるお客様にも、こういうお声は大変多いです。

どうぞお気軽にご相談ください。

ご相談は無料 お電話で予約下さい 0120-488-640

相続に関するお役立ち情報

「相続手続き&相続対策小冊子」を進呈いたします

新着情報