相続コラムを投稿しました:相続時精算課税制度・・・選択したほうがよい?しないほうがよい?

Pocket

相続時精算課税制度という制度をご存知でしょうか?

 相続時精算課税制度は、贈与税の制度のひとつで、原則として60歳以上の父母又は祖父母から、20歳以上の推定相続人である子又は孫に対して、財産を贈与した場合に選択できる制度です。

 TOTALでも、”この制度を選択して子供に贈与を考えているのだけど、、、”とお客様から
ご相談頂くケースがあります。

 ただし、この制度、一旦選択した場合その贈与者からの贈与については選択を撤回することができない、などいろいろな注意点があり、適用にあたっては注意が必要な、少しやっかいな制度です。

 TOTALでもご相談を受けた場合、お話をお聞きしてみると、「今回は選択しないほうがよいのでは?」と思うケースもあります。よかれと思ってやったことが、逆の結果になってしまう、、ということも。

 今回は、この「相続時精算課税制度」、選択したほうがよい?選択しないほうがよい?
それぞれのケースについてご紹介します。

 相続時精算課税制度・・・選択したほうがよい?しないほうがよい?

Pocket

お知らせの最新記事

ご相談は無料 お電話で予約下さい 0120-488-640

相続に関するお役立ち情報

「相続手続き&相続対策小冊子」を進呈いたします

新着情報